中年に人気の風俗

会社が用意してくれたからこそ

三か月だけとあるエリアに赴任していたんですよ。これだと賃貸を借りるよりはウィークリーマンションの方が安上がりなんですよね。それで会社がウィークリーマンションを借りてくれたんですよ。ありがたいなと思いつつ、このウィークリーマンションというのが肝だったんです。自分自身、ウィークリーマンションというものを初めて利用したんですけど、制度そのものはホテルなんですけど、中は自宅みたいなものなんです。だから、赴任先で何度もデリヘル嬢を呼んじゃいました(笑)非日常感もあったんでしょうね。普段は風俗なんてそんなに使わないんですけど、その三か月で一生分の風俗を楽しんだと言っても過言ではないんです。自宅のようなウィークリーマンションなのもあって、家に呼んでいるような気持ちになるんです。ホテルでのプレイよりも、より一層日常感が高まったんですよね。それもあるので、あの三か月は忘れられない日々になったんじゃないかなって思いますね。

じっくりと。それがモットー

勢いだったりノリだったりで楽しむのも悪くはないと思いますし、自分も昔はそうやって風俗を楽しんでいましたけど、最近は勢いに任せたプレイではなく、じっくりと楽しむよう心掛けていますね。女の子に気持ち良くさせてもらうんじゃなくて、女の子と言う存在そのものを楽しみたい。そんな気持ちで風俗を楽しむようになったんです。その方が満足度も高いかなって。これまでの経験上、風俗は女の子との距離感と快感が比例しているような気がするんですよ。じっくり楽しむってことは、女の子の個性まで尊重するってことじゃないですか。それが出来るようになってきたので、自分でもじっくりと楽しませてもらっていますし、快感には関係ないような他愛のない話でも、それが結局はコミュニケーションとなって、快感に繋がっていくってことも分かるようになっていたんですよね。だから風俗は、じっくりと楽しむ今のスタンスが自分には合っているのかなって思うようになりましたね。