中年に人気の風俗

気晴らしとしては最高レベルです

気晴らしするものとして考えた時、風俗は最高レベルのものがあるんじゃないかなって思いますね。風俗の良い所は、女の子が尽くしてくれますけど精神的な意味での主導権は基本的にこちらにあるじゃないですか。そこに大きな魅力が隠されているんじゃないかなって思うんですよね。自分がいろいろと選べるんです。でも選んだあとは女の子が一生懸命こちらに尽くしてくれるのが風俗では当たり前のものなんです。イライラしている時もそうですけど、欲求不満の時ですよね。自分も気付いてきたんです。欲求不満は、オナニーでは解消しないんだなって。どうにもならないくらいの欲求不満になっている時には、オナニーでは焼け石に水なんです。でも、女の子に抜いてもらうとやっぱり違う気持ちになるんですよね。それらを考えると、結局の所、風俗に行くのが一番無難なんじゃないかなって思うので、風俗は気晴らしとして最高レベルにあるって言っても過言ではないんじゃないかなって。

可愛い系こそ一番好きですね

いろんなタイプの女の子がいる風俗の世界ですけど、一番は可愛い系ですね。ホームページやポータルサイトを見て風俗嬢を選ぶ時も、基本的には可愛い系が好きです。綺麗い系も美人だなとは思うんですけど、可愛い系の風俗嬢との甘いイチャイチャしたプレイに慣れてしまうと、もう離れることは出来ません(笑)あれを味わうことこそ、自分が風俗を利用する最大の目的と言っても決して過言ではないくらいなんですよね。甘い雰囲気の女の子の良い所は、何をするでもなく一緒に居るだけでもドキドキするところにあります。同じ空間にいるってだけで、こっちは勝手に興奮しちゃうので、あとは何をされても勝手に満足出来るって話です(笑)だから相手のテクニックとか関係ないですよね。とにかく一緒に居るだけでいいんです。だからデリヘルとか最高ですね。デリヘルだとホテルじゃないですか。風俗店で二人きりになるよりも、リアルと言うか臨場感があるような気がするんです。