中年に人気の風俗

人妻に感謝したいですね

あの日の人妻には満足したとか大興奮したとか含めて、感謝の気持ちでいっぱいなんですよ(笑)あれだけのことを楽しめたという事実はもちろんですけど、やっぱり人妻風俗嬢はとっても優しいというか、包容力が若い風俗嬢とは違いますよね。それだけでも男として嬉しいんです。単純に考えて、人妻だからって言っても結婚しているだけって話じゃないですか。それなのにあそこまで満足させてくれるのは、何だかんだで人間性によるものなんじゃないかなって思いますしね。普通に考えたら、人妻と言えども女性であることには変わらないんです。それでも、人妻と言う響きだからなのか、包容力もあるし、優しく話しかけてくれるしで何も言うことはありません。むしろ彼女のおかげでとっても楽しい時間を過ごすことが出来たくらいなので、自分自身、本当に満足感の高い時間を過ごすことが出来たんじゃないかなって。むしろ人妻の魅力に改めて気付かされたかなって思っていますね。

風俗が欠かせなくなってきた

気晴らしとか、あるいはストレス解消くらいのつもりで利用したのがきっかけだったんですよ。だからまさかここまで風俗ばかり利用することになるとは思っていなかったんですよね。気晴らしとか気分転換とか、あくまでも自分の本文の合間に利用するもの。それが自分の中での風俗の位置づけだったんです。でも、利用する機会が増えてくると、頻度も高まりましたね。どんどん自分の中で風俗の存在が大きな物になっていくんですよ。でもこれは仕方ないかなとも思うんです。だって風俗は楽しいじゃないですか(笑)楽しい時間はまた味わいたいと思うのが人情ってものです。だから風俗にハマるようになったのもある意味では当たり前なのかなって。男としては特に不思議な話ではないのかなって思うようになったので、自分自身、風俗に関しては今ではライフワークと言っても決して過言ではないくらい、重要なものになってきているんですよね。それくらい、自分の中では大きいんです。