中年に人気の風俗

隠れ巨乳。大歓迎です

隠れ巨乳というやつですかね。最近は風俗のホームページを見ても、下着姿じゃなくて私服で掲載されているものもあるじゃないですか。体のラインが分かる私服の風俗嬢もいれば、全然分からないタイプもいるんです。彼女はまさに全然分からないタイプ。彼女がというよりは、彼女の服装ですよね。タイトなものじゃなく、ゆったりしたものだったんです。手足を見て細い風俗嬢だなとは分かったんですけど、その他の部分はよく分かりませんでした。そして実際に向き合っても細いのは分かったんですけど、さすがにその時点では巨乳だとは分からなかったんです。でも彼女、脱いだら爆弾を二つ抱えていました…。まさに衝撃的でしたよ。だって全然そんなことは想像していなかったんです。むしろ手足の細さを見て、微乳なんだろうなって思っていたんです。それがです。あれだけ巨乳だとは思いもしないじゃないですか。だからこそ、良い意味で相当なギャップになったのでドキドキしました。

彼女こそ真のプロです

この前Cちゃんを指名したんです。初めて指名した風俗嬢ではあるものの、何度かマークはしていたんですよね。何度か指名したこともあったんですけど、あいにく予約で埋まっているってパターンだったので、満を持して彼女を指名したってところでしょうか(笑)彼女とのプレイがどんな展開になるのかかなり楽しみでした。風俗でここまで期待感が高かったのはあまり記憶にないかなってくらい、本当に期待値が高まっていたんですけど、結果から言えば、彼女こそ真のプロフェッショナルです。彼女は上手だったんですけど、ただ手や口の使い方が上手ってだけじゃなく、体全体の使い方がとっても上手だったんです。体重の掛け方や体の移動の仕方。プレイの際、彼女は何度も体勢を入れ替えていたんですけど、快感が途切れることはありませんでした。きっと彼女なりに研究していたんだろうなってことが分かりましたよね。それくらいがっつりと楽しむことが出来ましたので大満足です。